北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ >  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月12日(木)新居日記

2009 - 03/13 [Fri] - 10:15

【始めてのガス検針納品書】

さて今度は7月7日~8月12日までの35日分(実質32日)のガス料金(プロパン)が分かりました。
おお、こちらも以前とほとんど変わりません!
お風呂も広くなって湧かすお湯の量、使うシャワーの量が増え、食洗機でもガスを使うようになったので、当然高くなるものと思っていました。
ちなみに5,600 円程度です。最新のガス湯沸かし器は省エネだということでしょうか。

残すところは水道料金ですが、こちらはさすがに増えている気がしますね...。

階段ホール
↑階段ホールを見上げたところです。

8月5日(木)新居日記

2009 - 03/12 [Thu] - 09:51

【始めての電気料金請求書】

今日は新居に越してきて、始めての電気料金請求書が届きました。
7月7日~8月4日の29日分(実質26日分)の分です。ちょっと驚いたのですが、以前の住まいの時とほとんど同額ぐらいです。

以前は40Aの契約で、だいたい6,000円台が多かったのですが、今回は50Aの契約でも6,000円台に留まっています。

※一般家庭で50Aは多いほうかもしれませんね。うちの場合は家で仕事をしているので、保険の意味で多めにしています。パソコンが飛んだら怖いですから、、、。

10A高い契約で+月260円、24時間換気システムが+月700円ぐらい、他にも以前は無かった食洗機や、家が広くなって照明の数も増えたのに、意外な感じがしました。
これはもしや、冷房の設定温度が低くなったからでしょうか。だとすれば、高気密・高断熱住宅の面目躍如というところです。

ガスと水道料金の請求はまだ来ていませんが、どうなるでしょうか...。

8月4日(水)新居日記

2009 - 03/11 [Wed] - 10:36

【食器洗洗浄機について】

今や新築の家の80%に、食洗機が取り入れられているそうです。それだけ需要が多いのでしょう。統計では電気・水道・ガス料金が、食器の手洗いに比べて年間3万円以上もお得になるそうです。

そんな便利な食洗機ですので、うちももちろん付けました。松下電気の幅60cmのフルオープンビルトインタイプというものです。容量が大きいので、家族二人分でしたら1日1回洗うだけでも充分片付きます。本当に便利なものですが、以外と洗えない物があるのが残念でした。

まずうちの調理器具(フライパン・鍋類)は全く洗えません。フライパンはわざわざ食洗機で洗えるものを探したのですが、見つかりませんでした。鉄製、アルミ製、テフロン加工の物が全部洗えません。調理器具が洗えるのを売りにしているのに変ですね。

それから私は毎日主人のお弁当を作るのですが、お弁当箱も洗えないんですよね~。調理器具と同様、食洗機で洗えるお弁当箱は見つかりませんでした。それから金箔入の食器や金のフォークやスプーンも洗えません。いづれも金がうっすら禿げてしまいます。

恐らくこれらについてはこれから改良が加えられて行くのでしょう。もっとも、それ以外の物を手で洗う必要が無くなったので、はるかに快適になりました。

また食洗機の出す音については、遠くで洗濯機が回っているような感じです。うちのようなオープンな対面キッチンでも、ほとんど気にならないレベルですが、真剣にTVを見ている時には、ちょっとうっとおしく感じるかもしれません。

p.s. 補足的情報なのですが、うちと同じく工藤建設で建てた方で、ホシザキというメーカーの食器洗洗浄機をつけた方がいます。非常に短時間(確か10分)で洗浄でき、あとは余熱で乾燥させているという話でした。うちの松下の食洗機はトータル1時間もかかりますが、時間がかからないのにこしたことはありません。
これから食器洗洗浄機を購入される方は、調べてみるといいのではないでしょうか。

8月3日(火)新居日記

2009 - 03/10 [Tue] - 11:27

8月に入っても、連日暑いです。2Fのリビングダイニングの温度計は、だいたいいつも30度~31度ぐらいを指しています。

【家事について】

新居に住むようになって、家事は楽になったのでしょうか?
以前と比べて居住面積がほぼ倍になりましたので単純に比較は出来ませんが、トータルで考えると家事が減った、というより家事が快適になったというべきかもしれません。
食洗機があるので食器洗いは確実に減りましたし、ベッドを入れられたので面倒な布団の上げ下ろしは無くなりました。家中に広がっていた布団の綿ぼこりとも無縁になりました。お風呂は自動で給湯してくれるので手間いらずです。

反対に、ワンフロアで居住面積が狭かった以前のマンションにくらべると、1階から2階にかけての昇り降りは多いですし、掃除をする面積もグッと増えました。

24時間換気システムについて、フィルターがホコリや髪の毛を巻き上げてくれるので、掃除がすごく楽になるという説明をしたハウスメーカーがありました(※工藤建設ではありません)。
しかし今の所、あまり実感していません。夏なので窓を開けているせいかもしれませんが、フローリングにはホコリもうっすらつもりますし、髪の毛ももちろん落ちています。毎日ホウキで掃いて、2日に1回は雑巾がけが必要な感じです。
私は掃除機の騒音とゴロゴロ転がして掃除するのが苦手なので、いつもホウキでサササッと掃いています。全室を、ホコリが目立ちやすくても、掃除の簡単なフローリングにしたのはやはり正解でした。
尤も、これから換気システムの効果を実感することがあるかもしれませんので、その時はまたご報告したいと思います。

p.s. 1フロアの賃貸マンションから2フロアの戸建てに越してきて思ったのですが、ただ家にいるだけでも階段の昇り降りが多いので、かなり運動不足が解消されます。
余談ですが、作家の島田雅彦さんは運動不足解消のために、わざわざ3階建ての最上階(地下1階が玄関なので実際には4フロア)に書斎を作り、昇るときは階段、降りる時は消防署にあるような鉄の棒をつたって一気に降りてくるそうです。緊張感みなぎる家ですね(笑)。場所が分かったので、家の外観は見に行きました。
以下がその家について島田雅彦が書いた本です。

8月2日(月)新居日記

2009 - 03/09 [Mon] - 09:50

【準防火地域について】

今日、うちの建築日記をご覧いただいている方からEメールで、我が家に使われている輸入の玄関ドア「プレムドア」は準防火地域に対応していますか、というご質問がありました。「プレムドア」は残念ながら、準防火地域には対応していません。

輸入住宅を建てたい人にとって、建設予定地に防火指定があるというのは、使える建材に制限が出てきます。
何の防火指定もない地域の方は、アンダーセンの窓だろうが、ノードやシンプソンの玄関ドアだろうが、好きな輸入メーカーの建材が使えます。しかし防火地域や準防火地域では、多くの輸入建材が使えず、窓には不粋な網入りガラスが入ることになります。

私の建設地も準防火地域ですので、憧れだったアンダーセンの窓は使えずにトステムのシンフォニーになりましたが、結果的には良かったのではないかと思います。
断熱・防音性能は高いですし、窓の開閉はスムーズですし、何かあっても日本のメーカーなら安心です。それに、窓はカーテンやブラインドで隠れてしまうので、意外に見えにくいものです(このことは建築士のHさんも言ってました)。
輸入メーカーの窓は雰囲気は良いが、開閉が重くて大変だとか、壊れやすいなどのウワサを耳にすることもありますので、トステムの窓で満足しています。

【玄関ドアについて】

玄関ドアに関しては窓とは違って目立つ部分ですので、美しい輸入のドアを付けて輸入住宅らしさを演出したいと思っていました。
なぜ準防火地域に建つ我が家に、輸入の「プレムドア(カナダ製)」が使えたかといいますと、玄関の部分が隣地境界線の3m以内から外れていたからです。
ご存じの方も多いかもしれませんが、1階は隣地境界線の3m以内が準防火仕様、2階は隣地境界線の5m以内が準防火仕様ですので、それから外れれば普通の窓もドアも使えるわけです。

でも、最近では日本のメーカーも輸入住宅向けの玄関ドアを増やしているようですので、雰囲気の良い玄関ドアが見つかるかも知れませんね。

« | HOME |  »

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。