北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 新居日記 > 11月2日(火)  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月2日(火)

2009 - 06/23 [Tue] - 10:27

 今日は都内に仕事の打ち合わせで出かけましたが、帰りに新宿駅で「仙台新球団は楽天」の号外を受け取りました。この秋は、いろんなニュースが飛び込んできて、息つく暇もない感じです。台風、地震、人質事件、新球団決定.....。そして明日はいよいよアメリカの次期大統領が決定するのでしょう。もちろん、ケリーの勝利を期待しています。人々の万感の思いを乗せて、日々が流れていきます。

 新居外観

さて、新居のほうはといいますと、花壇とコニファーの植えつけが終わりました。写真上は左からグリーンコーン、ゴールドライダー、エメラルド、ゴールドライダーの順に植えられています。ゴールドライダーは春になると黄色い葉がふさふさと伸びてきて、とてもゴージャスな感じになります。
 そして写真下は奥のコニファーはエレガンテシマ、手前の樹2本は常磐満作の赤と白です。エレガンテシマはご覧のとおり、とてもきれいな樹形です。成長も早いそうで、すぐバルコニーのあたりまで伸びるといいます。常磐満作は5月に全身きれいな花を咲かせます。やっぱり樹が植わるとだんぜん雰囲気が出てきますね。
 私のデジカメ(愛用5年目)がついに、まともに撮影出来なくなってきました。そろそろ買い替えないとだなぁ...。もう充分減価消却したからいいよな(ブツブツ)....。

スポンサーサイト

 | HOME | 

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。