北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 新居日記 > 8月4日(水)新居日記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月4日(水)新居日記

2009 - 03/11 [Wed] - 10:36

【食器洗洗浄機について】

今や新築の家の80%に、食洗機が取り入れられているそうです。それだけ需要が多いのでしょう。統計では電気・水道・ガス料金が、食器の手洗いに比べて年間3万円以上もお得になるそうです。

そんな便利な食洗機ですので、うちももちろん付けました。松下電気の幅60cmのフルオープンビルトインタイプというものです。容量が大きいので、家族二人分でしたら1日1回洗うだけでも充分片付きます。本当に便利なものですが、以外と洗えない物があるのが残念でした。

まずうちの調理器具(フライパン・鍋類)は全く洗えません。フライパンはわざわざ食洗機で洗えるものを探したのですが、見つかりませんでした。鉄製、アルミ製、テフロン加工の物が全部洗えません。調理器具が洗えるのを売りにしているのに変ですね。

それから私は毎日主人のお弁当を作るのですが、お弁当箱も洗えないんですよね~。調理器具と同様、食洗機で洗えるお弁当箱は見つかりませんでした。それから金箔入の食器や金のフォークやスプーンも洗えません。いづれも金がうっすら禿げてしまいます。

恐らくこれらについてはこれから改良が加えられて行くのでしょう。もっとも、それ以外の物を手で洗う必要が無くなったので、はるかに快適になりました。

また食洗機の出す音については、遠くで洗濯機が回っているような感じです。うちのようなオープンな対面キッチンでも、ほとんど気にならないレベルですが、真剣にTVを見ている時には、ちょっとうっとおしく感じるかもしれません。

p.s. 補足的情報なのですが、うちと同じく工藤建設で建てた方で、ホシザキというメーカーの食器洗洗浄機をつけた方がいます。非常に短時間(確か10分)で洗浄でき、あとは余熱で乾燥させているという話でした。うちの松下の食洗機はトータル1時間もかかりますが、時間がかからないのにこしたことはありません。
これから食器洗洗浄機を購入される方は、調べてみるといいのではないでしょうか。

スポンサーサイト

 | HOME | 

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。