北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 内外装・設備プラン > 【 電気設備 】  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 電気設備 】

2009 - 03/02 [Mon] - 19:50

【照明器具】
小泉産業、松下電工、オーデリック
輸入の照明は美術工芸品的であるのに対し、国内メーカーの照明は工業製品のようで少々味気ないですね。特にガラスシェードが全く違うと思います。
しかし経済性とかメンテナンスを考えて、なるべく国内メーカーのもので揃えたいと思いました。照明については 、

(1)国内メーカーのもの
(2)インバーターの蛍光灯電球色
(3)輸入住宅に合うクラシカルなデザイン
(4)予算は家全体で20万円以内

を目標に探しました。リビングとダイニングのお揃いのシャンデリアは小泉産業のものを選びました。ウッデイ調+金の装飾で安らぎと華やかさをプラスしています。地震国日本では、シャンデリアも重くない方がいいですよね。それぞれ5Kgと3Kgです。
照明全体では、予算を守るために施主支給して安く調達することにしました。大塚家具で一括購入しました。

【コンセント、TVと電話のアウトレット、LAN配管】
電気設備のアウトレットについては、家具の配置や将来的なの部屋の使い方まで想定して、決めなければならないので結構大変でした。
・コンセント:各部屋に2つが標準でしたが、使い勝手を考えてかなり増やしました。
・TVアウトレット:全室に一つづつ、LDには2ヵ所。
・LAN用CD配管:寝室とリビング以外の全室に配管。モデムは仕事部屋に設置。
・電話用アウトレット: リビング、仕事部屋、書斎の3ヵ所。

【エアコン】
東○ホームでは熱心に勧められた全館冷暖房ですが、工藤建設では全く話が出ませんでした。
ここは関東地方ですから、個別エアコンで充分です。誰もいない部屋までエアコンが効いているなんて、エコじゃないですよね。

スポンサーサイト

 | HOME | 

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。