北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 造作工事2~足場解体後編 > 6月16日(水)造作工事2~足場解体後  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月16日(水)造作工事2~足場解体後

2009 - 02/27 [Fri] - 11:38

今週は梅雨の中休みということで、いいお天気続きです。今日もさわやかな初夏の風です。

今日は外周りで水道管工事が入りました(写真下)。敷地内は終わりましたが、まだ道路を止めての工事が残っています。けっこう大変そうです。

造作工事2~足場解体後

写真下は玄関扉の周りのコーキングを修正してもらった部分です。最初は白いコーキングがされていましたが、せっかくの飾り柱の印象がボケてしまい、形が際立たないので、水色で上から修正してもらいました。ちなみにコーキング材は上から色を塗るのではなく、コーキング自体に色がついていることが分かりました。

造作工事2~足場解体後

写真左下は、玄関の壁クロスです。ダマスク風の柄なのですが、ちょっと目立たないかもしれません。まぁ、柄がうるさく感じられるよりは良いかもしれませんが。

造作工事2~足場解体後

この後、壁クロスや床クロスの作業が全部終わったようなのですが、油断しているすきに職人さんが帰ってしまい、カギが締められていました。どんな感じになったか確認したかったのですが!

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imported.blog56.fc2.com/tb.php/70-415f4a18

 | HOME | 

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。