北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 造作工事2~足場解体後編 > 6月5日(土)造作工事2~足場解体後  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月5日(土)造作工事2~足場解体後

2009 - 02/27 [Fri] - 10:56

今日は眩しいほどの快晴です。土曜日なので主人と連れ立って現場を見に行きました。 日ざしが明るいと家の外観もくっきりと際立って見えます(写真下)。
青空に溶け込む水色の家.....なかなか爽やかでいい感じです。

造作工事2~足場解体後

家の中は1階は床幅木と、階段の化粧手摺を取り付け中でした。階段の下三段にパルの化粧手摺を付けていますが、思っていたよりも太い(ゴツい)です。輸入物の化粧手摺に比べると相当たくましい感じです。でもうちの場合はリビングとかではなく玄関ホールに階段が付くので良しとします。全部取り付けられたら、写真を載せたいと思います。

写真下は、階段の二つ割りの部分です。最初はスペースの都合で三つ割りにする案もあったのですが、直線階段の降り口なので、安全性を重視して二つ割りにしました。写真のように踏み幅が広く安全です。

造作工事2~足場解体後

2階のほうは1階よりやや遅れていて、窓やドアのケーシング取り付け中です。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imported.blog56.fc2.com/tb.php/65-c9721b73

 | HOME | 

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。