北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 依頼先決定&設計編 > 【13】構造をFIXし、電気設備・内装の打合せに入る(2004年3月)  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【13】構造をFIXし、電気設備・内装の打合せに入る(2004年3月)

2009 - 02/23 [Mon] - 19:16

2月の終わりには、もう電気設備、内装の打合せに入りました。その際にも自分たちで必要な電話配線、LAN配線、コンセント、エアコンの数や位置を考えてから打ち合わせに臨みました。

照明・内装については今年1月から暇を見つけては、せっせとショールームに足を運んでいましたので、大分目も肥えて来ていました。

 内装の好みは、自分でわかっているつもりでも、じっさいにショールームで見て品番を書き取るくらいのことをしないと、なかなか具体化してこないものです。気になるメーカーには1度といわず、2度3度と足をはこんで、カタログも沢山請求しました。

一度決めたら15年間くらい(もしかしたらずっと?)はリフォームしないでしょうから、壁クロス選びも床材選びも照明選びも真剣にならざるを得ません。ここでもポイントは、品質に対してのコストパフォーマンスです。

得られる結果が同じなら、より安いものを選ぶこと。必要なものにはきちんとお金をかけて、無駄なことにはけっしてお金をかけないこと。その結果、自分なりの希望を商品の品番まで含めて具体的にすることが出来ました。途中から打合せに加わったインテリアコーディネーターのSさんの意見も参考にしながら、照明・内装プランをまとめていきました。


【14】プラン決定、いよいよ着工へ(2004年3月) >>

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imported.blog56.fc2.com/tb.php/14-0d6cfd90

 | HOME | 

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。