北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > 造作工事1~足場解体まで編  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月1日(火)足場解体

2009 - 02/25 [Wed] - 16:07

おおっ、今日はついに足場が解体されていました。2ヵ月近くの間、足場とネットに守られていた家が、めでたく一人立ちしました。

足場解体

ごちゃごちゃしたのに目が慣れていたせいか、ずいぶんすっきりして見えます。引き渡し予定日まで1ヵ月を切りました。

足場解体

室内はフローリングが全て終わっており、床幅木やドアのケーシングに作業が移っているようです。造作工事は来週中には終わる予定です。そろそろシステムキッチンも入って来ると思います。写真下は階段下収納の扉です。

足場解体

スポンサーサイト

5月31日(月)造作工事1~足場解体まで

2009 - 02/25 [Wed] - 16:01

今日は外観のほうは、雨樋が取り付けられていました。いよいよ明日は、足場が解体されるかもしれません。

室内のほうはというと、既に階段がついていました(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

階段は踏み幅も段高もゆったり目にしてもらったので、思った通り楽な登り心地です。 上のほうの段は左にカーブしていますが、二つ割りなので踏み外すことはないでしょう。今はちょっと狭そうに見えていますが、壁クロスが張られると気にならなくなると思います。

補足:階段のカーブは、スペースが許すならなるべく二つ割にしたほうが良いようです。三つ割だと、足を踏み外す可能性があります。特に上の方の段は注意です。

そしてフローリングのほうも張られていました(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

現在養生中につき、ちらっとしか見えないのが残念です。そろそろカーテンのことも真剣に考えないといけませんね。

5月29日(土)造作工事1~足場解体まで

2009 - 02/25 [Wed] - 15:53

今日は曇りのはずだったのに、またもやお天気予報がはずれて(笑)とてもいいお天気になりました。 主人と連れ立って現場を見に行ってみると、職人さんが大勢作業していました。

まず外観の玄関回りや屋根の化粧破風、窓の縁を白く塗る塗装の方が3名。白く塗られていく玄関回りが眩しいです。やはり塗装をすると更に雰囲気が出てきます(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

室内の方は確認していませんが、大工さんが2名。そして屋根にはTVアンテナの取り付け工事の方が2名です。 来週早々に足場解体の予定なので、急ピッチで作業が進んでいます。
すでに夏のような暑さの中、皆さんがんばっておられます(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

5月27日(木)造作工事1~足場解体まで

2009 - 02/25 [Wed] - 15:48

今日は家の中に入ってみました。大工さんたちは1階と2階に分れて、もくもくと天井回り縁や窓のケーシングを取り付けています。この作業も現場でカットしていくのでなかなか手間のかかるもののようです。
夜遅くまで作業していただいているようで、本当にお疲れさまです。職人の皆さんはいつでもテキパキと作業されています。たくさんの労力と手間がかかっていることを思うと、大切に住んでいかなければと改めて思います。

写真下は、パルの白いケーシングと回り縁(DX)です。

造作工事1~足場解体まで

写真下は同じくパルの木質タイプです。木質タイプは書斎にしか使用していませんが、トステムの窓ともピッタリ合っていていい雰囲気です。

造作工事1~足場解体まで

天井回り縁をカットしている大工さん。いつもお邪魔してすいません(写真下) 。

造作工事1~足場解体まで

ベランダのサイディングはこんな感じです。正面のくり抜きにバラスターが入ります(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

5月26日(水)造作工事1~足場解体まで

2009 - 02/25 [Wed] - 15:42

今日は無事、ラップサイディングが張り終わっており、さらに正面側の窓に白い回り縁を取り付けていました。

次はバルコニーのくり抜きにバラスターが入るのが楽しみです。早く足場が取れた状態で見たいものです。

造作工事1~足場解体まで

家の中は入らなかったのですが、窓やドアのケーシング取り付けなどが進んでいるようです。フローリングもそろそろでしょうか。

5月25日(火)造作工事1~足場解体まで

2009 - 02/25 [Wed] - 15:28

夕方、現場に出かけてみると、外観がさらに出来てきていました(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

ラップサイディングはもう少しで張り終わります。試しに積んであったラップサイデイングの板を持ってみたのですが、ずっしりとしていて、予想よりもかなり重い物でした。これを一枚一枚現場でカットしては張っています。大変そうな作業ですが、みるみる進んでいきます。

また、今日は家の中に入ってみたのですが、1階は資材で一杯でした。2階のほうはというと、ほとんどの壁に石膏ボードが張られていました(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

リビングの勾配天井は、こんな感じになりました(写真下)。

補足:屋根の斜角は設計段階で決めます。施工の段階では、中央の梁を出すかどうか、大工さんから質問されました。梁をむき出せば、室内側から見た天井の勾配は高くなります。私達は梁を出さない形の、ゆるやかな天井にしてもらいました。

造作工事1~足場解体まで

5月24日(月)造作工事1~足場解体まで

2009 - 02/25 [Wed] - 15:25

今週は予報ではずっと良いお天気が続くようです。梅雨に入る前の晴れ間を大切にしたいところです。

今日現場に出かけてみると、正面側のラップサイディングが大分張られていました。今週の半ば頃には張り終わるようです。いよいよ洋館らしくなってきました。
このようなスケールで自分のイメージが現実化するのは初めてなので、やはりわくわくしてきます。

造作工事1~足場解体まで

今日は家の中には入れなかったのですが、2階の壁の石膏ボードが張り進められているのが外から窺えました。
今週はフローリングなどの内部造作材も次々と搬入されて、内装工事のほうも始まるようです。

5月21日(金)造作工事1~足場解体まで

2009 - 02/25 [Wed] - 15:21

今日は台風2号の接近が心配されていたのですが、家を心配した主人の念力(?)が通じたのか反れてくれたようで、朝のうちから晴れ上がりました。

夕方現場を確認しましたところ、すでにラップサイディングがかなりの面積に張られていました(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

思っていたよりもブルーの色が薄く、グレーっぽくすら感じました。まだ正面側に張られていないので、どんな感じになるのかもう一つ掴めません。光の加減でも、見え方が変わるのでしょうか。

その他には玄関ドアにガラスが入りました(写真下)。

造作工事1~足場解体まで

そして室内はすでに1階部分の石膏ボードが全て張リ終わっていて、2階のほうで精力的に断熱・造作工事が進められていました。
写真下は対面キッチン部分ですが、アーチ状の造作とペーパーバリアの施工が済んでいるようです。

造作工事1~足場解体まで

5月18日(火)造作工事1~足場解体まで

2009 - 02/25 [Wed] - 15:16

今週は職人さんの人数が増えて、内外装とも急ピッチで進むようです。でも明日から雨天が続きそうなので、ラップサイディングまで進むかどうか気になるところです。

写真下は2階の様子ですが、グラスウールの装填がかなり進んでいます。積み上げられているのは勾配天井用のスタイロフォーム(断熱材)だと思います。

造作工事1~足場解体まで

写真下は1階の様子で、ほとんどの壁に石膏ボードが張られていました。大分、部屋らしくなってきましたね。

造作工事1~足場解体まで

写真下は外壁ですが、タイベックシートの上に胴縁が取り付けられていて、次の行程はいよいよラップサイディングです。

造作工事1~足場解体まで

写真下は、今日設置されたユニットバスです。窓は、2×6材とユニットの厚みで出窓っぽくなっています。計っていませんが、15cmくらいはありそうです。

造作工事1~足場解体まで

5月14日(金)JIO断熱材検査

2009 - 02/25 [Wed] - 15:08

今日の午前中に、JIOの断熱材検査が行われたので初めて立ち会いました。今日の検査官は女性の方で、検査時間は30分ほどです。
主な検査内容は、第一に外壁の防水処理です。タイベックシートの張り込み状況、特に写真上のように開口部がしっかり処理されているか検査していきます。

造作工事1~足場解体まで

その後、2階に上がってこれから使用する断熱材の検査の後、1階へと降りてきました。1階はすでに断熱材の充填が終わっていますので、状況を丹念に見ていただきました。 結果はもちろん、”○”です。

造作工事1~足場解体まで

↑浴室には石膏ボードが張られていました。

検査官の方によれば、もっと簡単な施工で済ませているビルダーもありますが、工藤建設は外壁・内壁とも手のかかる丁寧な施工をしているとのことでした。 今日は現場監督のFさんもいたので、最近気になっていたことを質問してみました。

私:絵を掛けるために壁に釘を打って、万が一ペーパーバリアに穴が開いた時は、気密・断熱性能に問題が出てしまいますか。
現場監督Fさん:室内側から万が一ペーパーバリアに穴があいても、グラスウールの一部が少し黒くなるだけで、基本的に問題はありません。問題になるのは外側から雨水などが侵入した場合です。
大工さん:釘を打つ場合は、なるべく構造材の入っている場所にしてください。石膏ボードに直接では弱いですよ。
現場監督Fさん:絵を掛ける場合は重さ3kg までにしてください。

(※重い絵や鏡を飾る場合はあらかじめ下地処理をすれば大丈夫です。)

 | HOME |  »

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。