北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > 依頼先選び編  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9】なぜ、見積もりが出てこない? (2004年1月)

2009 - 02/23 [Mon] - 18:45

年が空けて5回目の打合せ(ショールーム見学含む)が東○ホームと行われました。どうしたことでしょうか、今だに概算見積もりすら出て来ません。間取りや家の広さ、仕様の希望など、最初からほぼ正確に伝えているのに、なんだか時間稼ぎをされているかのようです。

それどころか気になる設備の値段についてごく簡単な質問をしても、「それはそんなに高くありません」などと具体性のない返事が返ってくるのです。なんの説明もなくAPベーシックをコレクトに変更されてしまうし、どうなっているんでしょう?

「概算見積もりだけでも早く出して下さいよ」とお願いしても、「今はお図面に集中して下さい」という答えが返ってくるばかり。そのくせこちらの予算など、懐具合のさぐりは入れて来ます。

 これは親切とはほど遠い態度だと言えます。施主の立場としては常に値段と間取り・仕様を突き合わせながら予算オーバーにならない範囲で決めていきたいのです。東○ホームはいろいろ贅沢な希望を出させておいて、あとで引くに引けなくさせようとしているのではないか、という不信感がもたげてきました。

 APベーシック(規格プラン)からコレクト(自由設計)に変更すると見積もりが6割増しになるという噂も聞いたので、なんとも苦しい展開になってきました。その他にも誠実さを疑わせるような問題が出て来て、東○ホームにお願いするのは難しいな、と思うようになりました。そして結局、お断りすることになりました。

【補足】東○ホームについては当たった担当者(営業・設計共)が悪かったのかも知れないと思います。東○ホームで家を建てて満足されている方も大勢いらっしゃるので、別の担当者だったら気持ちよく進められていたかも知れないのです。私達、最初は東○ホームしか考えられないくらい気に入っていました。でも自分達が経験したことが全てですし、お客としてないがしろにされた感じは消えるものではありません。すっかり冷めてしまいました。


【10】2社目の相談、工藤建設(2004年1月) >>

スポンサーサイト

【8】ついに東○ホームに相談する (2003年12月)

2009 - 02/23 [Mon] - 18:39

いろいろ悩みましたが、とにかく具体的に相談してみようということになりました。

自分なりに何度も考えて作った間取り図と、敷地配置図、希望仕様表を携えて東○ホームに出かけました。東○ホームの営業さんには、こんなに始めからいろいろ作って来たお客さんは、初めてだと言われてしまいました。その後、設計士の方との打ち合わせ、地盤調査とトントン拍子で進んでいきました。

 地盤調査の結果は、大変地盤が固いことがわかり、地盤改良の必要なしと分かって一安心しました。そして初めて設計士の方に設計図を提案していただき、図面に気を取られがちだったのですが。


【9】なぜ、見積もりが出てこない?(2004年1月) >>

【7】引き続きモデルハウスを見て回る。(2003年11月~12月)

2009 - 02/23 [Mon] - 18:34

東○ホームは大変気に入ったのですが、相見積もりを取る会社をあと2社くらいは検討してみようと、さらにいろいろな会社に資料請求やらモデルハウス巡りやらをくり返しました。

 候補にあがったのがセル○ホーム、インター○コハウス、大○建設、そしてブルー○ホームも安くて気になるので検討はしてみました。しかし、


  1. フランチャイズ系~保証期間中の倒産など、将来的なことを考えるとどうしても不安が残る。担当フランチャイズ先の施工品質がまちまち。

  2. ローコスト住宅系~品質は必ずしも安かろう悪かろうだとは思わないが、高級感はほとんど期待できない。一生住むに値するような魅力的な家は難しい気がする。

  3. ハウスメーカー系~工事は工務店が請け負うようだが、請け負う工務店によって品質に差が出るようだ。モデルハウスや雑誌広告などの宣伝費のせいか、総じてコストパフォーマンスが悪い(価格が高い)。

などそれぞれのメーカーが一長一短であり、いろいろ集めた情報から判断するのが難しくて頭を悩ませていました。

【補足】パンフレットやホームページのデザインがいいかげんな会社はとりあえずやめました。お客さんの目に触れる広告物が粗雑だということは仕事にも通じると思います。豪華すぎずに簡潔でセンスのあるものがいいと思います。


【8】ついに東○ホームに相談する(2003年12月) >>

【6】○クリーク長津田モデル、モニター宅訪問 (2003年11月)

2009 - 02/23 [Mon] - 18:23

先に進んでいいものかしばし悩みましたが、結局行動してみないと何も分からない、とにかく情報を集めよう、ということで東○ホームの営業さんに連絡し、次の週末には○クリークAPベーシック長津田モデルとモニター宅の訪問をすることになりました。

○クリークAPベーシック長津田モデルは35坪程度で丁度私達が建てたいと思っている家と同じくらいの広さです。玄関を入ってすぐにリビングルーム、という構成には防犯上の問題やプライバシーが守れるかといった不安を感じましたが、1F部分はそのおかげで玄関ホール、階段ホール、廊下がほとんどない広々したリビングダイニングになっており、極限まで無駄のない間取りになっていました。

小さいながらも○クリークらしさが感じられる、なかなか良い家です。このモデルハウスで見たものが、その後の家作りにかなり影響を及ぼしました。2階へ上がる階段は直接リビングについており、階段に大きな窓がついていて、上がり切ったところがオープンスペースの書斎になっています。

 これは別名ファミリールームとも呼ばれていますが、こういった2Fの階段ホールや廊下を利用した余裕のスペースも、その後私達の間取りに採用されることになりました。

モデルハウスを見た後、東○ホームのモニター宅にお伺いすることになりました。 モニター宅のOさんは、なかなかインテリアに凝っている方で、沢山のことをお話してくださいました。へたな営業マンに負けないくらい、トークの上手な方でびっくりしました(笑)。家中を収納の中まで全部、すみずみまで見せていただいてなんだかこちらのほうが、恐縮してしまいました。

その後も、何件かの施工宅を拝見する機会がありましたが、それぞれのお宅が独自の工夫やこだわりを実現されていました。自分だったらどうするかなと考えながら見せていただきました。そしていろいろ気が付いたことを、私達の家のプランに活かすことが出来たと思います。


【7】引き続きモデルハウスを見て回る(2003年11月~12月) >>

【5】東○ホームに初アポイント(2003年11月)

2009 - 02/23 [Mon] - 18:18

東○ホームのモデルルームでお会いした営業さんに○クリークの坪単価を聞いたところ、坪60万円という説明を受けてやっぱり手が届かないな、、、とがっかりしていたところ、なんと坪40万円程度の家も建つとのこと。○クリークAPベーシックというシリーズで、既成の間取りプランをアレンジすることで、価格を抑えているということでした。

低価格なのに床材や窓など我々が惹かれている内装や、高気密・高断熱などの住宅性能は変わらないといいます。長津田に○クリークAPベーシックのモデルハウスがあるので、今度案内してくれるといいます。後でこちらから連絡するということにしてモデルハウスを後にしました。

【補足1】 ちなみにこの時おとずれたスウェー○ンハウスに坪単価を聞いたところ、65万円と言われました。これではもちろん最初から予算オーバーです。設計を進めていくうちに更に高くなっていくのは目に見えています。スウェー○ンハウスは最終的に坪100万円くらいになると噂を聞きましたが、とんでもありません!!たかが家に(失礼!)、そんなに余分なお金はかけられないのです。

【補足2】 セル○ホームでは坪単価47万円だと言われました。大きな吹き抜けのリビングなど開放感ある間取りは素敵でしたが、内装がなんとなく貧弱で、玄関周りなどにセンスのなさを感じます。それで東○ホームより坪単価が高いのでは魅力ないなぁ~というのが正直な感想でした。


【6】○クリーク長津田モデル、モニター宅訪問(2003年11月) >>

 | HOME | 

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。