北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ > はじめに  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

2009 - 02/23 [Mon] - 10:32

この北米式輸入住宅建築日記は、以前、WEBサイトで公開していたものを、ブログに書き直したものです。竣工年度は2004年と少し前ですが、輸入住宅の建築過程を毎日写真でつぶさに記録し、設計段階から竣工に至までに生じた問題なども掲載していますので、輸入住宅の建築をご検討されているご家族の、ご参考にしていただけるのではないかと思います。

輸入住宅外観

(ここからはオリジナルです)
時は2003年夏...。ローコスト住宅を知ったことにより、結婚数ヵ月で3DKの賃貸マンションからの脱出を決意。建築地は神奈川県川崎市で、実家の敷地内に建てることに。 いろいろ調べるうちに希望の家はローコスト住宅から輸入住宅(高気密・高断熱住宅)へと変化。大手輸入ハウスメーカーとの2社相見積もりで、横浜の中堅ゼネコン工藤建設住宅事業部に依頼先を決定。予算内で必要充分な輸入住宅が建つように大奮闘。6月末に無事竣工し、現在快適な新生活を送っています。

私達の家づくりにとってインターネットは、最も重要な情報源でした。多くの施主さんの建築日記や掲示板で語られる意見や経験談を通して、生きた情報をたくさん得られたことは貴重であり、かつ楽しみました。私達のコンテンツも、これからマイホームのプランニングを始められるご家族にとって、多少なりともお役にたてることを願っています。

【私達のプロフィール】

●夫(コンピュータ関連エンジニア:会社員) 30代
若い頃からの書籍やCDがたまりにたまり、現在の書斎(賃貸マンション)は身動きできない状態に。家が完成しましたので神戸の実家から自分の本をどっさり引き取ってこなければなりません。武蔵野の自然とパット・メセニーを愛する30ン歳です。特技はホーミー。

●妻(WEBデザイナー:フリーランス) 30代
グラフィックデザイナー歴10年、その後 WEB企画デザイナーに転身し、現在はフリーランスで活動中です。夫と同様、書籍関係の収納問題を解決するのが一番の課題でした。


【1】家を建てるきっかけ(2003年9月) >>

スポンサーサイト

 | HOME | 

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。