北米式の輸入住宅に魅せられてマイホームの新築を決意。 工藤建設(2×6工法)に依頼して、 35.5坪(4LDK)のラップサイディングの家を建てました。施工会社選び、設計、施工の各段階でのリアルな記録です。施工については、ほぼ毎日写真つきで記録しました。

  北米式輸入住宅建築日記のナビゲーター   トップページ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォークインクローゼットでの失敗

2010 - 05/15 [Sat] - 11:56

このブログが更新されないままになっていましたので、久しぶりにちょっと書いてみます。

最近、ちょっと失敗したことがありまして。。。

実は、5月になったので冬服を全部クリーニングして、防虫剤を入れてしまったのです。

その際に、今まで無難に匂いの付かないムシューダを使っていたのですが、ムシューダはお値段がちょっと割高なため、スーパーにてケチ心が出てしまい、普通のクレゾールの防虫剤を買って来たのです。

それでウォークインクローゼット内の洋服カバーにクレゾールの防虫剤を1つ1つ入れていったところ、凄いクレゾール臭のするウォークインクローゼットになってしまいました!!

ウォークインクローゼットと寝室は隣り合っているので、クローゼットのドアを開けたままにできなくなってしまいました。まぁ、そのうち匂いも緩和されてくるだろうと思いますが。。。

普通のタンスなら問題ないのですが、ウォークインクローゼットはクレゾールの防虫剤に要注意!

というお話でした。



スポンサーサイト

11月2日(火)

2009 - 06/23 [Tue] - 10:27

 今日は都内に仕事の打ち合わせで出かけましたが、帰りに新宿駅で「仙台新球団は楽天」の号外を受け取りました。この秋は、いろんなニュースが飛び込んできて、息つく暇もない感じです。台風、地震、人質事件、新球団決定.....。そして明日はいよいよアメリカの次期大統領が決定するのでしょう。もちろん、ケリーの勝利を期待しています。人々の万感の思いを乗せて、日々が流れていきます。

 新居外観

さて、新居のほうはといいますと、花壇とコニファーの植えつけが終わりました。写真上は左からグリーンコーン、ゴールドライダー、エメラルド、ゴールドライダーの順に植えられています。ゴールドライダーは春になると黄色い葉がふさふさと伸びてきて、とてもゴージャスな感じになります。
 そして写真下は奥のコニファーはエレガンテシマ、手前の樹2本は常磐満作の赤と白です。エレガンテシマはご覧のとおり、とてもきれいな樹形です。成長も早いそうで、すぐバルコニーのあたりまで伸びるといいます。常磐満作は5月に全身きれいな花を咲かせます。やっぱり樹が植わるとだんぜん雰囲気が出てきますね。
 私のデジカメ(愛用5年目)がついに、まともに撮影出来なくなってきました。そろそろ買い替えないとだなぁ...。もう充分減価消却したからいいよな(ブツブツ)....。

10月24日(日)新潟県中越地震発生

2009 - 03/27 [Fri] - 10:00

この秋は台風が多数日本に上陸しただけでなく、昨日は新潟で震度6+が続けて3回という強い地震まで起こってしまいました。
地震発生当時の23日午後6時頃、私達は自宅2階のLDでのんびりTVを見ていました。
主人は神戸の実家で阪神大震災を経験していて、地震にはちょっと勘が働きます。最初のゆれを感じた時、「どこだかわからないけれど、遠くでかなりの強い地震が起こっているな。震源が浅いかもしれない」と言っていました。
そのままTVを見ていると、安の上、震源は新潟県中越地方・深さ20キロで震度6.8だと判明しました。

私達の住んでいる川崎では震度3とのことでしたが、感心したのは、この2×6の家にいるとP波をあまり感じなかったことです。
(P波とは地震で最初に到達するズンッといった感じの縦揺れのことです。)
その後の、S波の横ゆれのほうは、結構長く揺れているなという感じがありましたね。

今回の地震で、山が崩れて鉄骨の入った建物までが倒壊しているのがTVに写し出されていました。建物の強度もさることながら、危険な地盤の土地には建物を建てさせないなどの基準があってもいいのではないかと思いました。何しろ世界で起こる地震の10%以上が日本で発生しているというのですがら、貴重な人命が失われないことを最優先に対策を取ってもらいたいと思います。

もちろん家自体にも充分な対策が必要です。家の形が複雑だったり、凹型に中央がへこんだ家だとねじれ現象が起きて危険らしいので、新築を計画する際には、そのあたりも充分設計士さんと話し合われたほうが良いと思います。うちの場合は地震対策の意味もあって、シンプルなL字型の総2階建になっています。家の四隅(コーナー)がバランスの取れた壁量できちんと抑えられているのも、大変重要なことのようです。






10月11日(月)新居日記

2009 - 03/26 [Thu] - 12:09

前回の更新から、あっという間に1ヵ月が経ってしまいました。
この間、震度4クラスの地震が1回、台風が1回ありました。

地震のときはLDのシャンデリアが少し揺れていましたね。つっぱり書棚も少しバタバタいっていたので、結構大きいなという感じがしました。しかし、我が家はベタ基礎の2×6ですから全然余裕でした。
それにタンスや食器棚の下には、転倒防止用に「ふんばる君」もしいています。
ある本によりますと、2×6は2×4の家に比べて2.5倍の強度があるそうです。

それから先日の台風ですが、我が家はほとんどの窓に雨戸が付いていませんが、窓の気密が高いので全く問題ありませんでした。
しかし1つ気になったのは、屋根が比較的浅く掛かっているせいか、外壁や窓に当たる雨の音が意外にうるさかったことでしょうか。軒が深いと北米式輸入住宅風ではなくなりますから、仕方がないといえます。うるさくて眠れないということはありませんし、主人などは「雨音がなかなか風流だよ」と申しております...。

さて、今月のお楽しみは、コニファーガーデンを作ることです。当初は自分達で買ってきて植えるつもりだったのですが、諸事情によりガーデナーにお願いすることになりそうです。コニファーって、北米式の家にはピッタリなんですよね。ソリッドな佇まいが、この上なく美しいと思います。
ブルー系、グリーン系、イエロー系、取り混ぜて植えたいです。冬に赤紫に変色するレッドスターという樹は絶対に欲しいですね。ゴールドクレストはありふれているから植えないと思います(^^;)。

【現在の候補】
[ブルー系]...コロラドビャクシン「ムーングロー」
[イエロー系]...ニオイヒバ「ヨーロッパゴールド」/レイランドヒノキ「ゴールドライダー」
[グリーン系] ...ヌマヒノキ「レッドスター」


8月17日(火)住み始めて1ヵ月

2009 - 03/14 [Sat] - 14:58

お盆が過ぎて、暑さも峠を越えたようです。少しずつですが、過ごしやすくなってきました。 新居に住むようになってから早くも1ヵ月が過ぎました。
今のところ間取りについては何も不満がありません。
間取りは必要なパーツ(部屋や設備)を家の形に当てはめていくパズルのようなものですが、うちの間取りパズルは完璧に出来上がったと思います。

家の中心に玄関、廊下、階段があるからでしょうか、どの部屋にもアクセスしやすく、何をするにもスムーズですし、暗い場所やムダなスペースも出来ませんでした。「(いい意味で)この家にはどこにもムダが無いね」と主人と話しています。その上で、いくつかポイントを絞って住み心地をお伝えしたいと思います。

【逆転プラン(2階LDK)について】

2階にLDKなどのパブリックスペースがある間取りを、逆転プランといいます。我が家はこの逆転プランになります。最近は住宅事情により、逆転プランのお宅が増えてきているようですが、住宅関係の掲示板などを見ると1階LDK派と2階LDK派が論争していたりします。

1階LDK派の方は、主に老後の使い勝手を心配をされているようです。階段の昇り降りが足腰が弱った時にネックになるそうです。

2階LDK派の方は主に眺めや採光、プライバシー確保のために2階LDKを望んでいるようです。また、2階LDKは1階が寝室や個室になるために細かく仕切られて壁が多く構造的に強くなるという利点があります。
確かに、大空間で壁の少ないLDKが1階にあるよりも安定感が増す感じがします。

老後のことまで考えると1階LDKが無難かもしれません。しかし30~40年以上先のことを考えて、今の希望を犠牲にすることはないかなと思いました。私達の場合はそれ以外にも以下のような理由がありました。

・1階に書斎や本棚などの重たいものをたくさん置きたい。
・1階は少し詰まりぎみでも2階はガランと(広々と)しているイメージにしたい。
・ 実家でずっと1階LDKの家に住んできたので、そういう間取りに飽きていた(^ ^;)。

実際に2階LDKの家に住んでみての感想ですが、動線は少々煩雑になります。特に食料品を買って帰ってきた時など、まず階段を昇って2階のキッチンで冷蔵庫に食料を入れてから、階段を降りて着替えてまたキッチンに上がるので、階段の昇り降りは確実に増えると思っていいでしょう。
しかし、それを上回る気持ち良さが逆転プランにはありますし、運動不足解消の効果もありそうです(笑)。

【オープン対面キッチンについて】

オープンな対面キッチンというのも、ある趣今の流行りだと言えるかもしれません。
実際に取り入れてみて、開放感がありなかなかいいものでした。LDとカウンターだけで仕切られた程よい距離感で、料理や後片づけをしている間も孤独な気分になりません。
LDのTVを眺めながら料理を作れるのもいいですね。キッチンの上には吊り戸棚を付けなかったので、収納不足とか使い勝手が気になりましたが、これもキッチンパントリー(作り付けの食器・食品庫)があるので問題ありませんでした。

【家事動線について】

家事動線を良くするために、キッチン・お風呂・洗濯機・物干し場を同じフロアの近い場所に配置するというのが最近のセオリーになっているようです。
一度、東○ホームが家事動線にこだわった間取りを作ってきたのですが、2階にギューギュー詰め込まれて(^ ^;)間取りに無理が出てしまい、かえって使いにくそうでした。
無理に家事動線にこだわると、逆に暮らしにくい家になるのではないでしょうか。

うちは2階にキッチンと物干し場、1階にお風呂と洗濯機があり、家事動線でいうとばらばらですが、広い家ではありませんから全く不便は感じていません。むしろ家全体の中で、それぞれの設備にふさわしい場所を考えたほうが良いと思います。
※それに家事をするときは掃除もするので、どのみち家中を動き回りますから、動線も何もないかなという感じです。

 | HOME |  »

住宅関連情報

◎著者は1800棟の住宅設計実績のある一級建築士。この本では20社のハウスメーカーに対して実際に発注をかけて対応を調査しています。メーカー決定前にぜひ読んでおきたい一冊。 ★★★★★

間違いだらけのハウスメーカー選び(3)50社本音評価
市村博 (著) 単行本(2004/02) 広済堂出版

◎間違いだらけシリーズの第三弾。今度は50社のハウスメーカーを比較しています。また、契約前~建築中におこりえる事態を実例を交えて紹介していますので、対策のためにもあらかじめ読んでおきたい一冊です。 ★★★★★

各種リンク集

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。